検索
  • 藤ノ木陽太郎

火間(ひま)


火間とは

釉薬を掛けて、きれいに掛かりきれずに素地が見え隠れする様をいう

唐津焼とは完璧なものではなく、どこか大雑把でいい加減なところがあるのが魅力である

それは朝鮮と唐津の人々の性格に起因する


絵唐津ぐい呑


茶人が朝鮮半島に注文した際、釉薬のかけ残しがあった。

本来はそれは失敗であるが、茶人は「これいいね!」といい、それを火間と名付ける

日本特有の侘びの思想である


高台を土見せにするのも同様で、そのほうが複雑で表現豊かなのである。

絵唐津片口

絵唐津草文徳利

その裏


絵唐津ぐい呑


その正面


絵唐津ぐい呑



絵唐津片口


※写真は全て陽太郎作

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示